飾り線上

歯科医院に行って高額な治療費が必要

飾り線下
歯科医院に行って高額な治療費が必要になった時にみなさんはどのように支払いをしますか?クレジットカードを使って分割払いをしますか?高額治療であればあるほどデンタルローンを活用しましょう。

というのも、クレジットカードの分割払いとデンタルローンを組んだ時の金利差が大きいからです。

一例として、三井住友VISAカードで分割払いをする場合には分割回数により12.0%から14.75%となっていますが、銀行系のデンタルローンを組んだ場合には約5%程度と半分程度の金利負担で借りることができます。

ジャックスやufjをはじめとした企業が行なっているデンタルローンですがその仕組みはどうなっているのでしょうか。

歯医者で保険適用できない治療が必要にと言われた場合、準備の難しい金額を提示されてしまった。

そんな方のために存在するのがデンタルローンです。

感覚としては住宅ローンや自動車ローンの歯科治療版と考えていただければOKです。

カードで支払うよりも手数料が低く設定されています。

クレジットカードでの支払いとは違い、新たにローンを組むので審査が必要になります。

金利や手数料など、自分に合ったローンを探しましょう。

加齢とともに気になってくるのが歯の悩みです。

歯が抜けたらブリッジにするのかインプラントに悩みますよね。

入れ歯の他にブリッジやインプラントなどがあり違いやメリットを調べてみました。

ブリッジ治療とは、失った歯の左右にある健康な歯を土台にして「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

インプラントは、歯を失った部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

その上に人工の歯を取り付けます。

再治療やメンテナンスが簡単な方法です。

抜けた部分が連続2本以内など条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がなく治療後が楽なインプラントにするか悩みますね。

高額な費用を気にするという方はデンタルローンを活用してみてください。

いきなりですが11月8日は何の日かご存知ですか?日本矯正歯科学会が設定した「いい(11)歯(8)並びの日」なんです。

そこで、歯並びに関するランキングを調べてみたところ、「人に言いにくい歯の悩みランキング」というものが見つかりました。

歯並びの悩みが2位に入っているくらい悩んでいる人は多いようです。

悩んでいる人が多いということは治したいと思っている人も多いはずです。

では、なぜ解消できずにいるのでしょう。

歯列矯正は高額な治療費がかかることが大きな理由の1つとされています。

歯列矯正は自費負担になるため、躊躇してしまうようです。

そんな方はジャックスなどが取り扱っているデンタルローンの利用を考えてみてはどうでしょうか。

自家用車などの買い物をする時に利用するローンですが一言にローンといってもさまざまな書類があってどんな違いがあるのかわからないですよね。

大きく分けると個人向けローンと事業ローンと呼ばれる2つになります。

事業ローンはその名の通り、会社や個人経営者に特化したローンです。

中には、法人名義で借りられるものもあります。

個人向けローンの中には、CMとかでも見かけるカードローンや住宅ローンやデンタルローンなどの利用使途を用途を決めたローンがあります。

デンタルローンなどの用途を絞ったローンの場合、カードローンに比べて金利が低く設定されていることが多いです。

高額な治療費がすぐに用意できない時に利用するデンタルローンですが、ローンのため当然のことですが審査が必要です。

審査基準は甘いのか厳しいのか気になりますよね。

本当のところ、他の住宅ローンや自動車ローンとあまり審査基準は変わらないようです。

ローン審査で特に重要視されているのが毎月の返済額が問題ないかを判断するための安定した収入が定期的にあるかの部分です。

収入のない専業主婦の場合は、旦那さん名義で申し込む、または、保証人をつけなければいけないケースがあります。

ご利用を考えている場合は、担当者の方に色々聞いてみてください。

皆さんは歯科医院を選ぶ時にどういった基準で選びますか?実は、歯医者ってコンビニよりも多いって聞いたことありませんか?なので選ぶ幅が広すぎて選びにくいですよね。

そんな時に病院選びの参考にしているのが口コミサイトです。

医院の設備はどうなのか、先生は優しい人なのか恐い人なのかなど初めて行く歯医者を選ぶ場合にはとても参考になります。

他の選び方としては、治療内容によってどこに行くか選ぶのもありです。

例を挙げると、歯列矯正を考えている場合では、治療に行く前に先にインターネットで利用するデンタルローンを決めてからそのローンのHPから提携している歯医者を探すなどです。

デンタルローンなどの各種ローンを申し込む時に審査に通るか、落ちることはないかと気になってしまいますよね。

では、どういった特徴を持った人が審査に通りやすいのでしょうか。

それは、勤続年数が1年以上で収入が安定している正社員の方です。

収入が安定していて継続しているということは問題なく返済されるだろうと判断されるからです。

では、落ちる人はなぜ落ちてしまうのでしょうか。

収入が不安定な方はもちろん、特に若い人に多いのが携帯料金の引き落とし日に「口座残高が不足していて引き落としができなかった」ということがよくあるようです。

滞納に気づいて1ヶ月のみで解決したのなら通る可能性がありますが何ヶ月も連続していると審査に落ちやすいようです。

抜け歯治療でインプラント治療をしたい、でも、高額な費用をすぐに準備できない。

という時に歯医者でデンタルローンを勧められることがあります。

審査なしで利用できるローンというものはないので必ず審査が行われます。

では、審査基準はどういったところを重点的に見られているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が利用しようと考えた場合、親名義で申し込む、もしくは親権者の承諾が必要になります。

他には、返済の遅延の繰り返しや忘れがちな携帯料金の未払いなど、クレジットヒストリーが良好かを見られます。

また、専業主婦などご自身に収入のない方が申し込む場合は保証人が必要になることもあります。

実は歯並びが気になるなど歯に関する悩みを持っている方は多いようです。

歯並びが悪いままだと、歯磨きしにくい部分が出てきて虫歯や歯周病になりやすかったり、頭蓋骨のバランスが崩れて、そのバランスの悪さを取り戻そうとして体全体に負担がかかることがあります。

高額な費用を立替払いしてくれるデンタルローンを利用して矯正しませんか?噛み合わせがよくなることで、左右均等に噛めるようになり顔の筋肉のバランスがよくなるので顔の歪みが良くなります。

またその結果、頭蓋骨のバランスも解消され、肩こりやめまい、頭痛が軽減、解消されることもあります。

この機会に歯列矯正をしてみてはいかがでしょう。





Copyright (C) 2018 デンタルローンの審査は甘い?通りやすいって本当? All Rights Reserved.