飾り線上

歯が抜けてしまってインプラント治療を提案された、

飾り線下
歯が抜けてしまってインプラント治療を提案された、必要な治療費をすぐには用意できない。

という時に歯医者でデンタルローンの活用を提案されることがあります。

ローンなので審査なしとはいかず必ず審査があります。

では、取扱機関は申込内容のどこを主に見ているのでしょう。

まず1つ目は、年齢です。

未成年の方が申し込みをしても通らず、親名義で申し込む、もしくは親や保護者の承諾書が必要になります。

他には、返済の遅延の繰り返しや自己破産など、いわゆるブラックリストに入っていないかを見られます。

また、成人していても審査結果によっては保証人が必要になることもあります。

歯が抜けた、歯並びを良くしたいと治療した時に歯医者で「高額な費用がかかるから」とデンタルローンを勧められたことはありますか?住宅ローンなどの他のローンと同じように行う審査が必要になります。

では、ローン会社の審査基準はどういったところにあるのでしょう。

法律が絡んでくるので特に気にしているのが年齢です。

未成年では「契約の締結」という、未成年の場合、親名義で申し込む、もしくは親の承諾が必要になります。

他には公共料金の支払いが毎月問題なく支払えているかなど、クレヒスと呼ばれるものを確認されます。

また、ご自身に収入のない主婦の方も利用できますが安定した収入のある配偶者名義で申し込みをした方が通りやすくなります。

歯列矯正やインプラント治療を受けようとすると高額な治療費をすぐに用意出来ないと躊躇してしまう方が多いようです。

実は、ほとんどの信販会社、金融機関では専業主婦の方でも、デンタルローンの利用ができます。

ただ、主婦の方名義で借りる場合には、収入のある配偶者名義で申込をするか保証人になってもらう必要があります。

また、銀行の利用目的を制限しないフリーローンとは違い、使用用途を限定しているので金利手数料も低く設定されており、分割回数や借入金額を自分で決めて申込をするので、支払いに余裕が持たせることもできます。

そのため高額な治療費がかかるからと諦めることなく治療を受けられます。

子供の頃から歯並びが悪いことがコンプレックス、噛み合わせが悪くて治したいという方は多いはず。

でも矯正治療の費用って高額で自分にはできないと諦めてしまっている方、デンタルローンを利用してみてはどうでしょう。

デンタルローンとは、使用できる範囲を「歯科治療費」に限定した立替払制度です。

ローンを取り扱う金融機関が患者に代わって治療費を立替払いし、患者はローンを取り扱っている信販会社に治療費+金利手数料を分割で支払う立替払い契約のことです。

また、ローンを利用する際はローンに対応している歯科医院と対応していない場合がありますのでご確認ください。

歯並びが悪い、噛み合わせが悪いとさまざまな弊害が起こります。

例えば、一方で噛むため顔の歪みに繋がったり、虫歯などにつながりやすくなります。

また、噛み合わせはスポーツのパフォーマンスにも関わってきます。

陸上短距離走のクラウチングスタートを例にすると走る時の理想的な姿勢を保つために歯を食いしばって体を固定したり、スタート直後の地面を強く蹴って加速する時に強く食いしばれなくなり体がブレないように作用しています。

このように噛み合わせの良さとパフォーマンスは直接的に関わっています。

デンタルローンを利用して矯正してはいかがでしょうかその際は、月々の返済金額に無理がない計画か絶対に確認しましょう。

時に、高額な治療費のかかる歯科治療ですが、治したいのに費用を準備できなくて治せない。

そんな方は、イオン銀行で取り扱っているデンタルローンの利用を考えてみてはいかがでしょう。

最低借り入れ金額が30万円以上と他のローンでは最低借り入れ金額が高めに設定されています。

その分他の面で差別化されており、他のローンに比べて最低金利が3.8%と低めになっているので、借入金額が高額になるほど有効そうですね。

病院での見積もり金額に合わせて、利用するローンを検討する材料にしていただけたらと思います。

歯科医院に行って高額な治療費が必要になった時にみなさんはどのような方法で支払いますか?多くの人が最初に思い浮かぶのがクレカで分割払いだと思います。

可能であればデンタルローンを利用しましょう。

なぜかというと、クレカで分割払いをする場合に比べデンタルローンを組んだ時の金利差が大きいからです。

三井住友VISAカードの場合、分割払いじにかかる手数料は手数料が12.0%から14.75%となっていますが、銀行系の低金利デンタルローンの場合には半分程度となる5%程度の低金利で借りられるんです。

歯医者で治療の際に費用のかかる治療を提案されデンタルローンの存在を知り調べてみたら、取扱機関が多くてどこを選べばいいのかわかりにくいですよね。

まず見ていただきたいのが金融機関ごとに違う手数料・借入限度額です。

借入限度額は10万円から700万円という機関もあれば30万円から借入可能という機関もあります。

そのため、治療費見積もりが20万円のところ最低30万円からのローンを借りることはできません。

返済計画を立てる上で申し込み前に各機関のHPに設置されている返済シミュレーションを行っていくら借りると月々いくら返済になるかを確認しましょう。

歳をとると気になってくるのが歯の悩みです。

抜け歯治療でインプラント治療って聞きますよね。

代表的な2つの治療法についてどんな違い、メリットがあるのか調べてみました。

ブリッジとは、歯が抜けた部分の左右の健康な歯を場合によっては削り支柱にして「橋」をかけるように人工の歯を入れる治療法です。

インプラント治療では、歯が抜けた部分に人工の歯根となるネジを埋め込みます。

その上に人工の歯を取り付けます。

他の歯に負担をかけないので長期的にはこちらがいいようです。

抜けた部分が連続2本以内など条件付きで保険適用可能なブリッジにするか高額だけど他の歯に影響がないインプラントにするか悩みますね。

費用を用意するのが大変という方はデンタルローンを調べてみてください。

口が大きく開けられなくなってきたなどの症状で悩んでいる方が若者に増えているそうです。

実は顎関節症の典型的な症状なんです。

顎関節症は生活習慣病に近い側面があり、治療する際メインになるのは自宅で行うセルフケアです。

例を挙げると、歯を食いしばらない、ガムを日常的に食べていたら止めるなどです。

それによって状態が改善されることもあります。

また、噛み合わせを良くすることで改善されることが多いようです。

噛み合わせを治す場合、治療費用が高額になることもあるため、銀行機関などが取り扱っているデンタルローンを利用することをお勧めします。

その際は、利用したいローンがいくらから利用できるのかなど情報収集をしましょう。





Copyright (C) 2018 デンタルローンの審査は甘い?通りやすいって本当? All Rights Reserved.